卒業式の記憶 記憶と卒業式

0
     bl320.jpg

    東北関東大震災の影響が、様々な催し物等にも影響を及ぼしている。心理的、物理的な問題もあり、自粛、中止するのは当然なのかもしれない。ただ個人的な意見として、卒業式だけは行うべきだと思う。ここから先は全て僕個人の経験なので、どの位普遍性があるか分からないが是非読んでいただきたい。僕は保育園から大学に至るまで、全ての卒業(卒園)式の記憶が残っている。勿論断片的ではあるものの、入学式と比べても、圧倒的に記憶されているようである。

    保育園で歌った事も記憶に残っている。「いつの事だか思い出してごらん、あんな事、こんな事、あったでしょ・・」子どもながらにいい歌だと思っていた。式が終わっても、普通にブランコ等で遊んでいた。すでに空も暗くなったいた。

    小学校は、大抵の子が正装していたのにも関わらず、僕は普段着だったので恥ずかしく感じた。中学は、些細な事で口をきかなくなった女の子と和解をした。高校の時は、好きだった女の子に呼び止められ「もしかして」と思ったら、単なる事務連絡でがっかりした事。

    そして大学は、丁度地下鉄サリン事件当日であった。小田急線の鶴川が大学の最寄り駅で、僕は千代田線直通の電車に乗って向かった。時間は確か10時前である。乗ったと同時に軽い頭痛に見舞われた。勿論理由等分かるわけでもない。偶然かもしれない。

    学校では、「誰かが地下鉄でシンナー撒いたらしく、病院に運ばれてる人がいるんだってさ」「なんじゃそれ」当時はそんな程度の認識であった。

    サリン事件の後日、それが原因で卒業式が中止になっていたら、何で中止になったのか、そもそもサリン事件が起こったのはいつだったか定かではなくなってしまうような気がしてならない。今回の震災で言うと、「こんな時だからこそ」という思いは、送る側、送られる側もひとしきりではないだろうか。卒業式には普段では経験出来ない悲しみ、喜びがある。今年は特にその色が濃い筈だ。だからこそ、卒業式だけはどんな形であれ行なって欲しい。

    学校側としては、単なる恒例の行事として捉えているだろう。安全、風潮、電力問題など考えれば、リスクが優先され「今年は中止にした」にすればいいかも知れないが、卒業する側には今年しかない事を理解してあげてほしい。震災を風化させない為にも。

    今日は地下鉄サリン事件から丁度16年の日(95年3月20日)である。日にちまでは忘れてしまっていたが、調べてみるとまさにこの日であった。滅多に更新しないのに、この記事を書こうと思ったのは偶然だろうか。

    (写真 筆者撮影)



    充電なのか放電なのか

    0
       bl228.jpg

      先日、テレビで俳優の蒼井優さんが言っていた一言に頷いてしまった。蒼井さんは7ヶ月という長期オフを経験したそうだが、最初は休みを堪能していたにも関わらず、そのうち人と会わない事がかえって疲れてしまうようになったらしい。確かにそうかもしれないと、今の自分を省みて思う。3月まで殆ど予定もなく、毎日が日曜日の状態だが、あまり能動的になれない。寧ろ日中予定があったほうが、その後出かけたり、友人と飲みに行く気力があった。それが今は脱力気味というか、「閉じている」という感覚に襲われ、気分が今ひとつ晴れない。

      人と会うと気疲れもするだろうが、実は相手からパワーを貰っているのではないだろうか。そういう意味で、スケジュールがびっしりと詰まった人の方が寧ろパワフルだったりする。

      「予定が埋まっていないと不安」という人がいる。忙しい程生き生きする人がいる。タイプなのだろうが、僕も程よく忙しい方がアクティブでありポジティブである。だから、芝居が終わったりすると暫くは元気がなかった。振り返ってみると、次の予定まで暫くオフだったからではないだろうかと思う。充電といいながらちょろちょろと放電していたに違いない。だから台本がなかなか書けなかったし、かと思えば稽古が始まるや否や、自分でも驚く程のアイデアが浮かび上がってきたり。

      そんな事を思いながら、蒼井さんはとてもいい役者だと感じた。演技だけでなく、普通の会話も魅力的だった。無口でも饒舌でもないところがいい。間や声のトーンも僕にはとても好感が持てた。否、だからこそ魅力的な演技が出来るのかもしれない。きっと仕事と仕事仲間ををとても大切にしているんだろうなぁ。そしていいパワーを貰っているんだろうなぁ。その結果が今の蒼井さんなんだろうなと。だからこそ、彼女も長期オフは行き場のないパワーを放電させていたのではないかと考えた。

      別に蒼井さんのような特別な存在でなくとも、人と関わる事で生きる力を充電する筈である。

      社会との関わりが希薄になり、本来持っている力を失った人達に再び人間パワーを注ぎ込めるような存在になりたいと願う。

      おっとその前に自分が充電しなければ。

      (写真 筆者撮影)

      人生のさくら前線

      0
         

        ご無沙汰しております。僕は久しぶりに受験勉強をしていました。社会福祉士という国家資格を取得するための勉強であります。大学受験の時と比べて大きな違いは、結構楽しみながら学べたというところです。世の中まだまだ知らない事ばかり、ため息も出ましたが、大変有意義な時間を過ごす事ができました。

        しかしながら合格率が3割に満たないというのも頷けました。150問のなかに現代社会、政治、歴史、法律、保健、医療、福祉の知識と読解力が求められているので、単に過去問題を網羅していれば安心というレベルではなかったと個人的に判断しています。例年ですとおおよそ6割正解していれば合格になり、自己採点では何とかその基準を達成しましたが、まだ安心は出来ないです。3月半ばに通知がくるのですが、それまでは心拍数も通常より上がっている事は確実です。

        試験の行き帰りにしっかりと神社でお参りしてきました。合格祈願というよりも、ただ無心に合掌していました。最近お参りしても願掛けをあまりしなくなりましたね。手を合わせる時位しか、頭を空っぽに出来る機会がないと分かったからでしょうか。普段はどうでもよい事まで考えてしまう癖がありますから。

        いい年になるといいなぁ・・今年はその兆候があるような気がします、何となく。

        二年前に占い師にみてもらったところ、「あなたは40歳になったら開花する」と言われた事をしっかりと覚えています。

        今年は本厄ということもあり、正月早々厄除してきましたし、他力は万全です。
        (写真 筆者撮影)



        はやく人間になりたい

        0
           
          俳優 桔川友嘉さん(写真左)・撮影 小林きな子さん


          俳優 小林きな子さん(写真左)・撮影 桔川友嘉さん

          人は思いもかけない事に遭遇すると、言葉が出ない事がある。昨日は古書店街で有名な神田・神保町である人に声をかけられた。「ある人」とは前回紹介した、俳優の小林きな子さんである。まさか古本街で偶然にも出会えるとは。言葉を失うのも理解していただけるだろうか。しかも感動はそれで終わりではなかった。彼女の親友でもあり、僕の解散公演に出演していただいた桔川友嘉さんとも再会出来たのだ。お二人とも3年振りの対面である。こんな嬉しいクリスマスプレゼントはない。

          実はこの日、神保町のギャラリーにて、桔川さんがモデルとなった写真展の初日であったとの事。作家は加藤良1さんという、あの「たらこキューピー」を手がけたCM監督だそうである。桔川さんが様々な変装をしてとても興味深いのだが、その中でも妖怪人間ベラ(写真)に扮し、洗濯ものを干している作品は最高に面白かった。早く人間になりたいなら、マナーとして身ぎれいにするのは必要だしなと思いながら。

          桔川さんと小林さんはすっかり大人の女性となって、爽やかな笑顔と気の利いた会話でもてなしてくれた。それに対し僕は偶然の再会で舞い上がってしまい、話しているうちに眼鏡が曇ってしまうは、写メールを撮る際ビールをこぼし、桔川さんのお母様のコートを汚してしまったり、しかもそんな粗相をしておきながら写真データを保存し忘れてしまったりと、いまだに人間になりきれていないようである。

          昨日は神保町シアターで小津安二郎の「東京物語」を観たが、その度色々な事に気付かされる作品である。老いてゆく親に対する子ども達の態度。あまりにも現実的であり胸が痛む。そういったきょうだいの態度に憤慨する末娘に義理の娘(原節子)が「誰だってそうなってしまうものなのよ」と答えるが、その言葉に僕も癒された。親に対する僕自身の考え方が、末娘の目線から長男や長女のそれに近くなってきたのであろう。年を取った証拠だ。

          話は小林さん、桔川さんに戻るが、偶然の再会はこれが初めてではない。以前井の頭公園傍のカレー屋前で声をかけられたのだ。あれから十数年経ち、2人とも見た目はさほど変わっていないが、精神的にも、役者としても成長を遂げているのは明白であった。物事を継続し、活躍の場を広げているといるというのがその証拠である。

          僕の方が幾らか年上だし、芝居においても演出する立場だったが、今は逆にダメだしやら助言を二人から欲しい位であった。もしかしたら「誰だって・・」と言ってくれただろうか。いやいや、まだそんないたわりを求める立場ではなかろう。

          二人に気持ちよく見送られ会場を後にしたが、歩く方向が左右どちらだったのか一瞬迷ってしまった。

          加藤良1写真展示会
          TOKYO PLAY GIRL
          2010年12月25〜28日 15:00~20:00
          時々ギャラリーSOLARI(千代田区神田神保町1-1 林ビル3F)
          ー特別イベントー
          26日 19:00から桔川友嘉朗読及び加藤良1ナンセンスDJ開催




          「小林きな子」というさかな

          0
            思わず「ほう!」と声をあげてしまった。12月4日(土)の朝日新聞朝刊を読んでいたときのことである。俳優紹介の欄に見知った顔が掲載されていたからである。

            小林きな子さんは映画やテレビなど、映像の分野で活躍されている俳優である。しかし僕の知る彼女は小劇場で活躍する役者であった。その姿を舞台で拝見したのは今から10年程前だろうか。舞台にいる彼女はまるで水を得た魚のようであった。ふくよかな体躯、力強さと繊細さを兼ね備えた計算された演技だけでなく、「天然」という素質も余す事なく発揮しているのだから舌を巻いた。恐れ多くも僕は是非とも小林さんと一緒に芝居をしたいと感じた。その願いが叶ってか、裸伝Q旗揚げ公演に参加してもらう事となった。勿論こちらは初の作・演出にも関わらず、小林さんはそれに必死に、そして好意的に応えてくれた。お陰で何とかまともな作品に仕上がったというのが、当時を振り返った感想である。

            あの公演で散々な評価だったら、気弱な僕は折れていただろう。すなわち小林さんらの力があってこそ、「次」があったに違いない。

            彼女は今の「小林きな子」に至るまで、出世魚の如く何度か名前を変えている。それに応じるように役者としての力量、存在感は増すばかりであった。そしてとうとうここまで来たかというのが、新聞を読んだ感想である。否、これからも活躍の場を増やすであろう。一緒に芝居を出来たのが誇りである事は間違いない。

            現在は木曜ミステリー『京都地検の女』(テレビ朝日)レギュラー出演しているようだ。当分は映像という大海原で縦横無尽に泳ぎ回り、いつか自身が生まれ育った舞台という「川」に戻り、是非とも後輩の育成に貢献していただきたいと願っている。

            (写真 タイ・チェンライ 筆者撮影)





            冬の汐博2010 クリエーターズマーケット

            0
               
              そろそろ街にもクリスマスのムードが漂いつつありますね。パソコン操作はあまり得意でない私が、半日かけてブログをカスタムしてみました。動物イラストは大西由美子。ブログデザインもお揃いにしてみました。ちょっと可愛くしてしまったので、私のページには相応しくないかも知れませんがご了承ください。さて、汐留のクリスマスイベントに今年も大西由美子が参加いたします。

              冬の汐博2010 クリエーターズマーケット
              2010年12月3日(金)〜25日(土)23日間
              会場 汐留シオサイト(汐留公共地下歩道)
              大西の参加日は15日(水)16日(木)22日(水)23日木・祝の4日間の予定です。
              詳しい情報は冬の汐博ホームページにアップの予定。

              アクセス
              JR・地下鉄銀座線/浅草線 新橋駅
              JR浜松町駅
              地下鉄大江戸線・ゆりかもめ汐留駅 各駅より徒歩数分
              (写真 タイ・メーサローン 筆者撮影)


              一肌脱ぐ事のススメ

              2


              突然質問です。あなたは他人の為に
              1.一肌脱げる人
              2.一肌脱げない人
              3.他人が脱いだ肌までも身に纏をうとする人
              のどれでに当てはまりますか。そしてこのなかで、一番いい人生を送れる人は誰だと思いますか。

              僕が思うに「一番いい人生を送れる」のは1〜3番の全ての人だと思います。というより、自分でベストだと思って選択した訳ですから、あえて意と異なる行動をとる人は少ないでしょう。

              僕がどれに当てはまるかは明確には分かりませんが、どんな時でも一肌脱げるような人物になりたいと思ってます。ただしその時の状況によって、2にも3にもなってしまいます。まだまだ未熟です。しかし何故僕が一肌脱ぎたがっているかというと、それは他人の幸福の為という事よりも、やはり自分の為に頑張っているようです。一肌脱ぐという事は、自分の身をすり減らすという意味も込められているでしょうが、しかしそれは損な事でしょうか。僕はそうとは思わないのです。

              実は「一肌脱ぐ」というのは人間の脱皮だと思うのです。つまり成長する為の行為であると。それを考えると、一肌脱げない人は「自分の殻に閉じこもっている人」だと解釈されても当然です。でもまさか、自分が「殻に閉じこもった人」だと自覚している人はそう多くはない筈。言葉のイメージからすると、自分を曝けだせなかったり、他人との関わりを避けるといったそれだからでしょうか。でも僕が思うのは、ある程度の集団、グループの中だけでどんなに強い絆があったとしても、外へ関心が向かなかったり、排他的であるとするならば、それは「殻に閉じこもった人」の後に「達」が追加されただけの事で意味は同じです。否、むしろ周囲にとっては厄介だったりします。

              僕はすでに40歳となり、人生の後半にさしかかろうとしてます。それでも山の頂上に達したわけではないので、ずっと登り続けなければなりませんが、残念ながらこれまでの40年とは比較にならないほど体力が落ちてくるのは目に見えてます。だからこそ一肌一肌脱いで、せめて精神的に成長していかねばなりません。(写真 筆者撮影)

              ニッポンの秋オオニシの秋

              0


                どうもこんにちは。ようやくホ乳類にとってアウトドアに最適な季節になってまいりました。さて、週末を楽しみにしてらっしゃる皆様に秋のアートイベントをお知らせいたします。

                10月9日/10日 午前10時→午後5時(荒天中止)
                会場 ヨコハマポートサイド地区 ポートサイト公園
                JR・京急本線・東急東横線横浜駅きた東口より徒歩15分 

                新作Tシャツから小物まで取り揃えております。参加ブースも何と180以上!
                縁日の名のとおり、焼きそば、豚汁、炭酸飲料等も園内にて販売してますので、半日は楽しめます。是非是非いらしてください。

                (写真 筆者撮影)




                秋の夜長風呂

                0


                  ご無沙汰しておりました。ようやく一段落ついたので、のらりくらりとブログ再開します。

                  とはいえど、就職活動やシナリオ等、本腰を入れる時期でもありますので、どれ位まめに更新できるか分かりません。けれどそんな事も含めて報告して参ります。

                  しかし今年の夏は異常に暑かったのに、本日の東京は冬直前のように寒かったですね。
                  いつもより長く風呂につかりました。

                  (写真 筆者撮影)

                  誰だって

                  0


                     今日(8月1日)の朝日新聞朝刊1面に、受刑者の出所後についての記事があった。仮釈放と刑期満了では、大きな違いがあるとの事。仮釈放で出た人は残る刑期の間、保護監察官や保護司から指導や助言を受けるが、満期出所者にはそれがない。だから後者のような人が出所したところで、頼るものが何も無い状態なら再び犯罪に手を染めるか、路上生活者にならざるを得ないという可能性が高くなる。また、仮出所者の受け皿の一つである厚生保護施設も、地元住民との軋轢があったりと、人生やり直そうとする人々にとっては厳しい世の中である。

                     罪を憎んで人を憎まずという言葉があるけれど、それは「まぁまぁ、彼も魔が差したんだよ。だから許してやろうよ」という意味だと思い込んでいた。しかし、今の僕の考えはそれとは少し異なっている。罪を犯すには、それなりの背景、要因があって、そういった条件が重なれば、誰だって犯罪者になりかねないと思うからだ。環境説とでも言うべきか。

                     「彼がそうした」というより、「彼にそうさせた」背景が、断言は出来ないにしろあると感じる。貧困だとか、頼れる人がいないだとか、裏切りだとか。まぁ大概の人はそこまで追いつめられる事は無いのだろう。しかしそれは己の精神力のみで乗り越えられたわけでもなさそうだ。家族や友人のサポート、或は社会保障で何とか凌げたのではないか。もしそれらを当てに出来ない人がいたらどうだろう。

                     最近話題となった、二人の子を育児放棄で死なせた23歳の母親も、その経緯からすると、実は彼女自身も社会から放棄されていたと思わずにいられない。

                    (写真 筆者撮影)

                     

                     

                    << | 3/19PAGES | >>

                    calendar

                    S M T W T F S
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << December 2019 >>

                    selected entries

                    archives

                    recent comment

                    recommend

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM