矛盾

0


    映画「おくりびと」を観た。

    評判どおりの作品であった。地味だが、外国人も興味を抱くであろう作品であった。

    何より強く感じたのは、作り手の気持ちがひしと伝わってきたという事である。

    「そんな当たり前の事」と思うなかれ。

    映画もドラマも積極的にみるわけではないが、予告や、ストーリー設定だけで、観たいと思う気が失せてしまうものばかりだ。理由はともあれ、作り手の気持ちが僕に伝わってこないのだ。

    勿論作品作りに手を抜いているとは言わない。だけど、どうしても熱意が感じられないのは何故だろうか。

    まぁ、そんな事より「おくりびと」は良かった。

    ただ、広末涼子さんに関しては、無防備な表情が殆ど無かったのが悔やまれる。

    広末さんの「気が抜けた」表情、動きも、きっと魅力的だと思うから、是非頑張って欲しい。

    熱意を感じないだとか、もっと気を抜けだとか、言ってる事が矛盾している自分に気がついた。

    (写真 タイ・アユタヤ 筆者撮影)





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM