一肌脱ぐ事のススメ

2


突然質問です。あなたは他人の為に
1.一肌脱げる人
2.一肌脱げない人
3.他人が脱いだ肌までも身に纏をうとする人
のどれでに当てはまりますか。そしてこのなかで、一番いい人生を送れる人は誰だと思いますか。

僕が思うに「一番いい人生を送れる」のは1〜3番の全ての人だと思います。というより、自分でベストだと思って選択した訳ですから、あえて意と異なる行動をとる人は少ないでしょう。

僕がどれに当てはまるかは明確には分かりませんが、どんな時でも一肌脱げるような人物になりたいと思ってます。ただしその時の状況によって、2にも3にもなってしまいます。まだまだ未熟です。しかし何故僕が一肌脱ぎたがっているかというと、それは他人の幸福の為という事よりも、やはり自分の為に頑張っているようです。一肌脱ぐという事は、自分の身をすり減らすという意味も込められているでしょうが、しかしそれは損な事でしょうか。僕はそうとは思わないのです。

実は「一肌脱ぐ」というのは人間の脱皮だと思うのです。つまり成長する為の行為であると。それを考えると、一肌脱げない人は「自分の殻に閉じこもっている人」だと解釈されても当然です。でもまさか、自分が「殻に閉じこもった人」だと自覚している人はそう多くはない筈。言葉のイメージからすると、自分を曝けだせなかったり、他人との関わりを避けるといったそれだからでしょうか。でも僕が思うのは、ある程度の集団、グループの中だけでどんなに強い絆があったとしても、外へ関心が向かなかったり、排他的であるとするならば、それは「殻に閉じこもった人」の後に「達」が追加されただけの事で意味は同じです。否、むしろ周囲にとっては厄介だったりします。

僕はすでに40歳となり、人生の後半にさしかかろうとしてます。それでも山の頂上に達したわけではないので、ずっと登り続けなければなりませんが、残念ながらこれまでの40年とは比較にならないほど体力が落ちてくるのは目に見えてます。だからこそ一肌一肌脱いで、せめて精神的に成長していかねばなりません。(写真 筆者撮影)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM