いなかっぺ大賞

0


     盆踊りに夢中になってしまっている。不惑まであと数日の男が、学校の文化祭準備に夢中になっている。文化祭まであと3ヶ月以上あるというに、そしてたかだか学校の行事だというのに。

     盆踊りを企画しているのだ。大きな教室を盆踊り会場に見たて、周りで出店も用意し本格的なものを目指している。去年はその縮小版のような企画だったが、残念ながら踊りはなかった。今回は2クラス合同で頑張っている。しかも近隣で踊りを指導してくださる方を探したり、地域の方との繋がりを模索していたりと、我ながら頑張っているのではないかと思う。けれども当然大変である。

     昨日も3カ所、地元の自治会長宅やコミュニティーセンターに出向き、文化祭に賭ける思いを伝えてきた。皆さんとても好意的に受け入れてくれたのが何より嬉しい。こちらもただ享受する立場に甘んじるわけにはいかないので、先方のイベント等でボランティアとして参加させていただく意向を示した。これぞ大人の関係である。

     そんなわけで、8月から10月にかけて、3つのイベントのお手伝いを引き受けることになりそうだ。幸い僕はそういうイベントは好きである。芝居の運営の中心にいた事も手伝ってか、まったく面倒だと思ったことはない。また新たな出会いが期待出来そうである。

     来年初っぱななに、社会福祉士の国家試験が待ち受けているわけだが、全く手を付けていない。だから受かる可能性も低いであろう。昔から試験勉強の類に苦手意識があり、いくら時間をかけて勉強をしても、どうにも頭に入ってこない。「年号?そんなことどうでもいいじゃないか!」と、ブツブツいいながら本をめくっているようでは当然のことだ。

     今は福祉の世界に限らず、人との繋がりがいかに大切かが再認識されている。今回の文化祭は、予想通りに事が運ぶとは限らないが、結果はどうだっていいと考える。今までやっていなかった事をやり通そうとする気持ちと、恊働の素晴らしさだけでも実感できればおおよそ合格であると考える。完璧を目指さない。バーンアウトしない程度に、適当に、力を抜いて。だって所詮学校の文化祭だもの。

     ちょっと行き詰まったときには、深呼吸をしてそう考えるようにしている。で、落ち着いて我を取り戻すと「ところで就職大丈夫かよ、お前」と、順番待ちをしていたかのように、人生の本題を追求してこようとする自分がいる。ひょっとすると、文化祭に熱を入れているというのは、就職への不安が生んだ現実逃避術なのだろうか。

     ともあれ、最近では太鼓の音が聞こえてくると、吸い寄せられそうだ。盆踊りは楽しい。

     漫画家 川崎のぼる氏の作品「いなかっぺ大将」の主人公は、音楽が聴こえてくると、どんな状況でも踊り出してしまっていたっけ。あれも一種の自己逃避だったのかも。

    (写真 筆者撮影)
     

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM